title


あのゲームカフェ秋葉原集会所がボードゲームになった!
世界初の実物大ボードゲーム誕生!
ダイスを振ってお客様の満足ポイントをためて、秋葉原集会所を盛り上げよう!
お客様の満足で集会所を発展させるロマン


【ストーリー】
あなたは秋葉原集会所のスタッフです。
誰が一番お客様を快適に遊んでもらえているのか、競う事になりました。
モンハン、ボードゲーム、TCGなどで遊ぶお客様同士をマッチングさせて遊んで貰い、どんどん満足させよう!
そして店長を上手く使いゲームを有利に進めよう。


【内容物】
東京都千代田区外神田3-8-5イサミヤ第2ビル3F秋葉原集会所 ×1
6面ダイス ×2
お客様コマ(4色) ×各10
常連様コマ(4色) ×各5
ゲームジャンルパネル(3種類) ×各7
数値パネル ×24
満足ポイントチップ(3種類) ×各25
店長カード(8種類) ×30
店長体力ボード ×1
体力コマ ×1
店長 ×1


【対象年齢】
10歳〜
【プレイ人数】
2人〜4人
【プレイ時間】
60分


【ゲームの準備】

・テーブルを4名席11、2名席3の14テーブルになるように配置します。

・ゲームジャンルパネルは各2枚を取り除き、残りを裏向きにして各テーブルに配置し、表向きにします。
余ったゲームジャンルパネルは最初に取り除いた物と合わせて裏向きにシャッフルし山札にします。

・数値パネルは各数値1枚を取り除き、残りを裏向きにしてシャッフルし各テーブルに配置し、表向きにします。
余った数値パネルは最初に取り除いた物と合わせて裏向きにシャッフルし山札にします。

・満足ポイントチップは各ゲーム別に分けて全員の手の届く所に置きます。

・店長カードは全種類を混ぜて山札にし、裏向きのまま全員の手の届く所に置きます。

・店長体力ボードの30の欄に体力コマを置きます。

・各スタッフ、自分の色を決めてその色のお客様コマと常連様コマを持ちます。


【初期配置について】
それぞれダイスを振り、出た目の合計が一番大きい人がファーストプレイヤーとなります。
ファーストプレイヤーから順番に2人ずつお客様コマを好きなテーブルに配置します。
この時、下記のルールを守る必要があります。

1.各テーブルには2人以上のお客様コマを置く事ができない。
2.必ず違う数の書かれた数値パネルの置かれたテーブルにお客様を配置しなくてはならない。

2回目にお客様コマを置いたテーブルから初期の満足ポイントを得ます。


【遊び方】

各スタッフは自分の手番に下記の行動をします。

1.ダイスを振る。
ダイスを振ってお客様の満足度を計ります。

2.満足ポイントを得る。
ダイス2個の出目を合計し、その数字の数値パネルのあるテーブルに配置したお客様全てから満足ポイントが得られます。
これは手番スタッフでなくても得る事ができます。

・ダイスで出た目のテーブルにお客様を配置しているスタッフは、そのテーブルのゲームジャンルの満足ポイントを1点得ます。
 複数のお客様を配置しているなら1人につき1点得ます。
・そのテーブルに常連様を配置しているならば、常連様1人につき満足ポイントを2点得ます。

●ダイスの合計が2、7、12の場合は、店長が活動します。
ダイスの合計が2、7、12の場合は、誰も満足ポイントをもらえません。
手番スタッフは店長を好きなテーブルに移動させます。
店長の居るテーブルからは満足ポイントを得る事ができません。
その後、店長の体力を1点減らします。

ダイスの合計が2、12の場合は、店長が移動したテーブルにお客様コマを配置しているスタッフからそのゲームジャンルの満足ポイントをお客様および常連様1人につき1点奪う事ができます。

3.その後以下のアクションを好きな順番で可能な限り行う事ができます。

●満足ポイントを使って下記の事を行う。
・新たなお客様を配置する。
各ゲームの満足ポイントを1点ずつと配置したいテーブルのゲームジャンルの満足ポイント1点を使う事で新たにお客様を配置できます。

・お客様を常連様にパワーアップさせる。
配置しているテーブルのゲームジャンルの満足ポイント3点と他のゲームジャンルの満足ポイント2点を使い常連様コマに交換する事ができます。
常連様コマは貰える満足ポイントが2点になります。

・お客様、常連様を別のテーブルに移動させる。
移動させたいお客様が配置されてるテーブルのゲームジャンルの満足ポイント2点と、移動先のテーブルジャンルの満足ポイント2点を使い自分のお客様・常連様コマを移動させる事ができます。

・店長カードを引く
各ゲームの満足ポイントを2点ずつ使う事で店長カードを1枚引く事ができます。
交換したばかりの店長カードは使用する事ができません

●店長カードを使う
手番中に1回、任意のタイミングで店長カードを使用する事ができます。
店長カード使用後に店長の体力を1減らします。

●満足ポイントの交換
同じジャンルの満足ポイント4点を別の満足ポイント1点に交換できます。


【店長の体力】
店長は30の体力を持っています。
店長の体力は店長体力ボードと体力コマで表します。
店長の体力は下記のタイミングで減り、0になるとゲームが終了します。

・ファーストプレイヤーに2回目以降の手順が回ってきた時。
・ダイスで2、7、12が出た時。
・店長カードを使用した時。


【ゲーム終了】
店長の体力が0になったらゲーム終了です。
ダイス目の結果で0になった場合は即座にゲームが終了します。
店長カードの使用で店長の体力が0になった場合は、その手番終了後にゲームが終了します。
その時点で点数を計算しもっとも高かったスタッフが勝者になります。


【点数計算】
点数は現在所持している満足ポイントと配置しているお客様・常連様により決定します。

満足ポイント:そのままポイントになります。

お客様ポイント:お客様1人につき1点、常連様1人につき2点になります。

独占ボーナス:各席を全て自分のコマで埋めた場合はそのテーブル毎にボーナス点が入ります。
2名席:2点
4名席:5点
6名席:8点
8名席:12点
10名席:15点

店長ポイント:店長カードを一番多く使ったスタッフは2点を得ます。
同数の場合は得る事が出来ません。


【店長カード】
各ゲームジャンルの満足ポイントを2点ずつ使う事で店長カードが引く事ができます。
店長カードは自分の手番で1枚、任意のタイミングで使用する事でゲームを有利に進める事ができます。

・店長移動(10枚)】
店長を即座に別のテーブルに移動させる事ができます。
このカードはダイスを振る前に使用する事も可能です。

・席合体(4枚)】
店長にお願いして席の配置を変更します。
それぞれ隣り合った席を合体させる事ができます。
合体させる席が同じジャンルのゲームであった場合は、そのままの配置で合体が行えます。
別ジャンルだった場合は、使用スタッフがどちらかのジャンルを選べます。
数値パネルは使用スタッフがどちらか選びます。
余ったゲームジャンルパネル、数値パネルは各山に裏向きにしてまとめシャッフルします。

・席分割(4枚)】
店長に命令して席の配置を変更します。
分割可能な席(4名テーブルにしている2名テーブル)を分割する事ができます。
分割したら、配置されているお客様コマ、ゲームジャンルパネル、数値パネルを好きに配置します。
その上でゲームジャンルパネル、数値パネルが配置されていないテーブルに、各山の一番上から1枚ずつ引き、それぞれ配置します。

・お客様交換(2枚)】
店長権限によりお客様を交換します。
自分のお客様・常連様を、任意のスタッフのお客様・常連様と交換する事ができます。

・イベント:営業時間延長(4枚)】
店長を営業時間前や深夜に残す事で営業時間の延長を行います。
このカードを使用したスタッフは、もう一度ダイスを振り追加で満足ポイントを得る事ができます。このダイスの結果で他のスタッフは満足ポイントを得られません。
店長は今日も帰れない。

・イベント:ボードゲーム大会開催(2枚)
・イベント:全クリアするまで店長帰れま10(2枚)
・イベント:TCG大会開催(2枚)】

店長にイベントを企画させる事で各ゲームのイベントを開催する。
使用スタッフは即座に各ゲームの満足ポイントを配置している対象ゲームのお客様分手に入れる事ができます。


【クレジット】
作成:秋葉原集会所
ゲームデザイン:秋葉原集会所
イラスト:秋葉原集会所
販売:秋葉原集会所
発売:好評発売中(2017年4月1日)
価格:10,000,000円(税込)